iDeCOとは何か?その制度概要と使い方

iDeCOとはどのような制度か

iDeCOは個人型確定拠出年金の愛称ですが、うまく利用することができれば節税効果が得られるだけでなく、長期投資により老後資産の形成に役立つ便利な制度です。

iDeCOとはいかなる制度か

iDeCOはIndividual Defined Contributionの略で、個人型確定拠出年金の愛称として用いられている用語です。これまで確定拠出年金は企業の従業員などに認められている制度でしたが、iDeCOはそれを自営業者や専業主婦に拡大したものです。そのメリットの一つは拠出した金額を収入から控除することができるという点にあり、これによって所得がある方にとっては大きな節税効果を得ることが可能となっています。また、運用中の利益については非課税となっている点も利点であると言えます。

iDeCOを利用して長期投資を行う

他の確定拠出年金と同様、iDeCOの目的も老後資金を準備するという点にあります。そのためには長期的な視点に立って資産運用を行うことが重要であり、iDeCO向けの商品にもそういった観点から選ばれているものが数多く用意されています。中でもバランス型のインデックス投資信託はリスクを分散させて安定してリターンを得ることができる優れた商品であり、長期にわたって積み立てることによる複利効果と相まって資産形成にはうってつけのものということができます。iDeCOをうまく活用して節税効果と長期運用によるリターンを得ることにより、個人の資産形成が大きく促進されることになるでしょう。

iDeCOとは個人型確定拠出年金で、加入者が月々の掛金で、金融商品を自分自身で運用しながら積立てることです。60歳以降に年金または一時金で受け取れます。60歳になるまでは引き出すことはできません。