証拠金だけで取引可能!!下げ相場でも利益が出るよ!!

実際に保有しなくても証拠金で取引ができる

投資をするとき、通常は投資先の資産を購入します。株式や債券、通貨などを買ったりします。その資産の価値が上昇した時に売却をすれば売却益が出ます。これが投資利益になります。一般的な取引以外に、証拠金取引があります。現物を保有しなくても、現物に対して一定の証拠金を差し入れるだけで行えます。現物よりも少ない資金で行えるので、資金が少なくても大きく儲けられる可能性があります。外貨を利用したFXが人気ですが、ビットコインを利用した取引も可能になっています。ビットコインは価値が上昇しているため、通常はなかなか購入しづらいですが、証拠金であれば少ない資金から行えます。決済をすれば、差分が証拠金に加算されたり減じられたりします。

上げ相場だけでなく下げ相場での取引が可能

投資を行うとき、安く買って高く売ると差額が利益になります。通常は先に買って資産を得、それを売却して差額の利益を得ます。つまりは買いから始めて売りで決済するしかありません。先物取引では、将来の価値に対して買う人、売る人がいます。そのために、売られている状態の資産が存在します。それをうまく利用すると、先に売って後で買う取引が可能になります。ビットコインを利用した取引では、下げ相場でも儲けられます。下がりそうだと感じたら売りを出しておきます。そして目標値まで下がったら買い戻します。高く売って安く買う、つまりは安く買って高く売るが成立するのでその差分が利益になります。どんな相場でも取引に参加できるメリットがあります。

ビットコイン取引は、現物取引だけではありません。FXと同じ証拠金取引が可能です。レバレッジもかけられ、チャート分析もでき、24時間取引できるので、FXそのもの。ビットコインでFX時代が始まりました。