単位取得はどうやって認定?時間割は誰が決める?

必須科目を含めて74科目以上取得すると卒業

高校を分類するとき、単位制か学年制かでの分類があります。高校の卒業要件は、必須科目を含めて74科目以上取得した時になります。単位制と学年制の違いとしては、単位の認められ方があるかもしれません。単位制だと、一つの科目ごとに単位が決められていて、レポートやスクーリング、試験などを経て認定されます。1年間に一つの科目しか受けなくてもその科目の単位が認定されます。学年制は、一応単位がありますが学校側が学年ごとに特定の科目を決めています。それに従って授業などが行われます。ある科目できちんと出席もし、テストも合格点が取れても、別の科目で取れなければその学年での単位は一切認められません。もう一度やり直さないといけなくなります。

時間割を自分で決めるか学校が決めるか

小学校や中学校では、新しい学年になると時間割が決められています。それに従って授業を受けます。それが当たり前なのであまり意識はしませんが、時間割は学校側がいろいろ苦労して決めています。中学になると担当教科ごとに先生が分かれるので、上手く配分しないといけないかもしれません。高校においては学年制がありますが、こちらは中学などと同様に時間割を学校が決めてくれます。一方単位制は自分で授業を選んで決めていきます。学校が決め方などを教えてくれますが、上手く選ばないと3年間で卒業できなかったり、取った授業が多すぎて単位を落としてしまう可能性があります。一方で早めに単位を取れば3年次に自分の時間ができるので、受験勉強に専念できるメリットがあります。

単位制高校とは、学習時間が単位になっており、必要数の単位分の授業を履修することで卒業ができる高等学校のことです。