上手な高校転入の二つの鍵、情報収集と人間関係(仲間)作り

地域での高校の選び方と情報収集

新居住地での高校転入に際して高校選択の重要事項は、まず高校に関する情報収集です。情報に関しては重要な要因が二つあります。一つは、偏差値で代表される各校の学力レベルです。二つ目は、校風です。規律に厳しい高校、規律が厳しく指導されていない高校などです。スポーツ、音楽など学芸面等で特色のある高校もあります。一つ目の学力レベルは、地域にある「進学塾」の窓口で説明を受けることが望まれます。各塾が保有する偏差値を中心とする情報は、最近では統計が充実しており各校のレベルは的確に入手することができます。高校は大きくは公立と私立に区分されますが、これらを総合した情報が得られますのでトライしてみてください。転入試験の情報も得られるでしょう。校風や規律についての情報は、居住する地域の中学校を訪問して、進学指導の先生に質問してみることをお勧めします。各校の問題点はなかなか的確な答えが得られないかも知れませんが、情報収集に関しては積極的な姿勢がないと得られないことをご理解ください。事情によっては複数中学を訪問してください。

転入手続きとスムーズな入学生活

転入手続きは、選択した高校を訪問すれば丁寧な情報が得られます。基本的な事項は公立と私立では差はないでしょう。但し、私立高校の場合は費用の面で公立とはかなり差があることを事前に理解しておく必要があります。高校転入の最大の課題は、新しい高校生活への軟着陸です。言い換えれば当人の新しい人間関係作り(仲間作り)です。人間関係作りの原点は挨拶です。この指導は家族全体で協力し合って家族内で挨拶し合う努力が重要です。両親等が口先だけでなく家庭内で態度で見せ、挨拶し合う家風を作ってください。

高校転入を検討している場合、カリキュラム内容や校風などをしっかりとチェックすることで、自分に合う高校が見つかります。