すべてに課税されるわけではない!!仕組みを知れば節税も可能!!

課税対象や非課税の他不課税などがある

税金の計算をするとき、税金の元になる部分の算出が必要です。消費税であれば商品価格などになるでしょう。その商品だけなら子供でも簡単に計算できます。では、買った商品すべてに消費税がかかるかといえばそうではありません。非課税であったり不課税と呼ばれる取引があり、それらは商品の購入があっても税金がかかりません。税理士は税金のスペシャリストですから、どの取引が課税対象になるのか、非課税や不課税になるのかなどを判断して計算をします。他の税金もよく似ているかもしれません。所得税だとすべての所得が税金の対象になりそうですが、税金がかからないものもあります。それらは足す必要がありません。逆に実際に受け取っていなくても所得になる部分は加算が必要になります。法人税などは特に複雑になるので、税理士に細かくチェックなどを依頼しないといけないでしょう。

税金の仕組みを知っていると節税ができる

お金は非常に重要です。人にとっても企業にとっても必要で、お金があれば生活が豊かになったり、事業経営がうまく行ったりするかもしれません。必要に応じてお金を支払って物などを購入しますが、物などを買わないのに払わないといけないお金があります。それが税金かもしれません。国や地方公共団体など公的なサービスの運営のために必要なため、平等に負担する仕組みになっています。税金は細かく種類がわけられていて、それぞれの税法によって計算方法も決められています。税理士は税法や節税のための知識があるので、法律に基づいた処理をしてくれます。単に税金を減らすだけでなく、払う税金を繰り延べる手続きもあります。繰り延べられれば、その分長くお金が使えます。

税理なら岡山で評判の良い所を選ぶのがポイントで、疑問点などを気軽に質問可能な他、専門家ならではのアドバイスも期待できます。