「時効援用」とは?専門家に相談がおすすめ!

借金の「消滅時効」とは?

お金を貸した人が一定期間返済を請求せず、さらに、借りた人も一定期間返済をしなかった場合、時効が成立します。このことを、借金の「消滅時効」と言います。(「お金を貸した人が返済を請求する権利」が消滅します。)

「時効援用」とは?また、その方法は?

時効期間が経過しても、「援用」と言ってお金を貸した人に時効が成立したことを主張をしなければ、「借金の債務」は消滅しません。「時効援用」は、「時効援用通知書を配達証明付き内容証明郵便で郵送する」という方法が一般的です。

どのくらいで「消滅時効」は成立するか?

「サラ金」「カード会社」からの借金の消滅時効期間は5年、「個人間の借金」の場合は10年になります。「信用金庫」「農協」「住宅金融支援機構」の場合は、10年です。時効期間の起算日(第1日目)は、ケースによって異なります。

時効の「中断」と注意すべき点

次のような場合は、時効が「中断」します。1.債権者(お金を貸した人)から裁判上の請求があった場合。2.債務者(お金を借りた人)が借金を承認した場合。(借金の一部返済があったり、お金を借りた人がお金を貸した人と支払方法について協議したりした場合など。)時効援用にあたっては、裁判を起こされていないかを確認したり、借金を承認する行為を行っていないかに注意する必要があります。

「時効援用」のまとめ

「時効援用」は、「借金の債務が消滅する」ことが最大のメリットです。しかし、「消滅時効前に訴訟を起こされた場合、元本に加えて遅延損害金等を支払わなければならなくなる」など、いくつかのリスクもあります。したがって、手続き自体は自分で行うことも不可能ではないと思いますが、判断については弁護士・司法書士等の専門家に相談するのがベターだと思います。

時効援用とは、借金をしている人が、借金の時効を制度として利用することを伝えることで、支払わなくてよくしてもらうことです。